国宝章牌 富岡製糸場 記念メダルの価値と買取価格

こんにちはコインワールドです。今回は富岡製糸場 記念メダルの価値と買取価格について記載していきたいと思います。

富岡製糸場 記念メダルは造幣局から発売されたもの以外に松本徽章工業株式会社から発売されたものなどが存在します。

国宝章牌 富岡製糸場メダルの買取価格

国宝章牌 富岡製糸場 純銀メダル

画像は平成26年12月に国宝に指定され、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、世界文化遺産に登録されている「富岡製糸場」を題材とした銀メダルです。

章牌(メダル)の表面には小屋組及び東置繭所を背景に工女がデザインされており、裏面には上州富岡製糸場の全体像がデザインされています。

金メダルと銀メダルが存在し、詳細は下記の通り、金メダルについては当時、30万円を超える金額で販売されました。

銀メダルの詳細
直径 60mm
品位 純銀(品位証明刻印入り)
量目 約160g
販売数量 2500個
造幣局販売価格 24,000円
金メダルの詳細
直径 35mm
品位 純銀(品位証明刻印入り)
量目 約45g
販売数量 400個
造幣局販売価格 318,000円

国宝章牌 富岡製糸場メダルの買取価格

造幣局から販売された国宝章牌 富岡製糸場メダルの実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)や買取価格は下記のようになっています。

銀メダルの買取価格
取引年 実勢価格 買取価格
2016年 〜22,000円 〜17,000円
2017年 〜20,000円 〜15,000円
2018年 〜19,000円 〜14,000円
2019年 〜17,000円 〜12,000円
金メダルの買取価格
取引年 実勢価格 買取価格
2016年 〜270,000円 〜240,000円
2017年 不明 不明
2018年 〜270,000円 〜240,000円
2019年 〜270,000円 〜240,000円

銀メダルは年々、実勢価格が下落しており、買取価格についても下落傾向となっています。

一方、金メダルについては取引件数が少ないので相場がわかりにくいですが、地金相場が買取価格の下限となっており、金価格に大きな変動がなければ2018年や2019年時点の買取価格の傾向が続くと思われます。

世界遺産登録記念メダルの買取価格

 富岡製糸場世界遺産登録記念 純銀メダル

画像は松本徽章工業株式会社から1000個限定で販売された純銀メダルです。重量約65gとなっており「実勢価格は〜5000円程度」「買取価格は〜2500円程度」が相場となっております。

富岡製糸場 記念メダルまとめ

富岡製糸場を題材にしたメダルは平成に入ってから発売されたため、骨董としての価値は乏しいですが、金メダルについては20万円を超える高額買取が期待できます。今回の記事が記念メダルの売却や換金の参考になりましたら幸いです。

記念メダルやコインの買取

記念メダルや海外コインの買取なら古銭買取の福ちゃんが最もおすすめです。福ちゃんでは中尾彬さんをイメージキャラクターとして採用し、古いお金や記念メダルなどの買取をしています。これまでに100万点件以上の買取を行ってきた大手老舗業者なので安心して依頼できます。