アジア競技大会記念メダルの価値と買取価格

こんにちはコインワールドです。今回は広島や青森で開催されたアジア競技大会を記念して発行されたメダルの価値と買取価格について記載していきたいと思います。

第12回アジア競技大会広島1994記念メダル

第12回アジア競技大会広島1994記念メダル

第12回アジア競技大会広島1994を記念して発行されたコインは記念500円貨幣以外に画像のような金銀銅メダルが存在し、詳細は下記の通りとなっています。

種類 量目 品位
金メダル 約20.5g 純金
銀メダル 約102g 純銀
銅メダル 約144g

金メダルと銀メダルの価値は比較的高くなっており、金メダルは2018年に実勢価格10万円、銀メダルは1万円で取引されています。そのため、下記のような価格帯での買取も期待できます。

種類 実勢価格 買取価格
金メダル 〜100,000円 〜95,000円
銀メダル 〜10,000円 〜6,500円
銅メダル 〜1,000円 〜300円
実勢価格とは?

実勢価格とは業者が販売し実際に市場で取引された値段のことです。買取業者は実勢価格を元に記念メダルや記念硬貨の査定を行い買取価格を決めます。

第12回アジア競技大会記念貨幣発行記念メダル

第12回アジア競技大会記念貨幣発行記念メダル

画像のメダルはアジア競技大会記念500円硬貨の発行を記念して大蔵省造幣局で制作されたものです。

素材は純銀で直径32mm、量目21gとなっており、保管状態が良ければ2000円を超える金額での買取も期待できます。

実勢価格 買取価格
〜5,500円 〜2,800円

第5回アジア競技大会青森記念貨発行記念メダル

第5回アジア競技大会青森記念貨発行記念メダル

画像は日本初のカラーコインである第5回アジア冬季競技大会青森2003記念貨幣の発行を記念して製造された純銀メダルです。

直径60mmで重量160g、純銀のため、貴金属としての価値も高くなっており、業者による買取価格は「〜7500円程度」が相場となっています。

実勢価格 買取価格
〜11,500円 〜7,500円

アジア競技大会記念メダルの買取価格まとめ

いかがだったでしょうか?アジア競技大会を記念して発行されたメダルは上記のようなものが存在します。

銀メダルだとしても5000円を超える買取が期待できますので売却を検討しているようでしたら専門業者に査定してもらうと良いでしょう。今回の記事が記念メダルの売却や換金の参考になりましたら幸いです。

記念メダルやコインの買取

記念メダルや海外コインの買取なら古銭買取の福ちゃんが最もおすすめです。福ちゃんでは中尾彬さんをイメージキャラクターとして採用し、古いお金や記念メダルなどの買取をしています。これまでに100万点件以上の買取を行ってきた大手老舗業者なので安心して依頼できます。