内閣制度百年記念500円貨幣と記念メダルの価値と買取価格

こんにちはコインワールドです。今回は内閣制度百年記念500円白銅貨と記念メダルの価値と買取価格について記載していきたいと思います。

内閣制度百年記念500円白銅貨の買取価格

内閣制度百年記念500円白銅貨

内閣制度百年記創始百周年記念500円白銅貨は昭和60年12月18日に発行されました。

発行枚数70,000,000枚、直径30mm、量目13gとなっており、表面には首相官邸が描かれています。

現存数が多いため、価値は高くなく未使用や完全未使用だとしても実勢価格は800円程度、買取価格は額面程度が相場となっています。

実勢価格 買取価格
〜800円 〜550円

内閣制度創始100周年記念銀メダル

内閣制度創始100周年記念銀メダル

画像の内閣制度創始100周年記念銀メダルは昭和六十年に造幣局から発行されました。

品位は純銀(銀1000)となっており、量目は約63g(説明書の表記は60g)、直径45mmとなっています。

昭和に発行された古いものですが価値はそれほど高くなく、買取価格は2500円以下が相場となっています。

実勢価格 買取価格
〜5,000円 〜2,500円

内閣制度100年記念メダルとカバーのセット

内閣制度100年記念メダルとカバーのセット

画像は松本徽章工業株式会社から発売された内閣制度百年記念記念メダルと初日カバーのセットです。

当時の販売セット数は少なく、市場に出回ることは殆どありません。私が調べた限りでは、直近3年で3回ほど取引されており、最も高い実勢価格は5000円でした。

実勢価格 買取価格
〜5,000円 〜2,500円

内閣制度百年記念コインまとめ

いかがだったでしょうか?内閣制度100年を記念して発行された記念硬貨や記念メダルは今回紹介したような物が存在します。

1万円を超えるような高価買取が期待できるものはありませんが、メダルについては保管状態が良ければ2000円越えの買取になることもあります。今回の記事が記念コインの売却や換金の参考になりましたら幸いです。

記念メダルやコインの買取

記念メダルや海外コインの買取なら古銭買取の福ちゃんが最もおすすめです。福ちゃんでは中尾彬さんをイメージキャラクターとして採用し、古いお金や記念メダルなどの買取をしています。これまでに100万点件以上の買取を行ってきた大手老舗業者なので安心して依頼できます。