こんにちはコインワールドです。今回はオランダ王ウィレム2世のコインについて見ていきたいと思います。

オランダ王ウィレム2世とは

10グルデン金貨

ウィレム2世は1世の長男です。在位期間は非常に短いが非常に希少なグルデン金貨をこの世に残したことで有名です。彼の肖像を描いたコインは1840年の1グルデン(グルテン)銀貨に始まり、5及び10グルデン金貨、20グルデン金貨も発行されました。

オランダ王ウィレム2世のグルデン金貨について

ウィレム2世の治世下に置けるコインとして特に希少なのが5グルデン金貨及び10グルデン金貨、そして20グルデン金貨です。発行枚数は84枚〜1000枚程度となっており非常に希少な為、カタログ価格も高額となっております。

上記の画像は1842年に発行されたミントステイトですが、カタログ価格はUNCで12000USDとなっています。また、プルーフ20グルデン金貨も1848年に発行されており、こちらは発行枚数僅か95枚、カタログ価格は30000USD(日本円で約350万円)となっております。

金貨

1848年プルーフ20グルデン金貨の実勢価格としてはつい先日の2014年に未鑑定のものが24000EUR(日本円で約350万円)で取引されました!!

今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。