1213531

今回はプルーフについての記事を書いていきたいと思います。wikiなどで調べれば出てくると思いますが今回はwikiとは少し違う角度からプルーフについて考察して見たいと思います。

プルーフとは??

ポリッシュ仕上げした貨幣平板に、美しく磨いた極印で丹念に刻印した鏡状の面を有するコインの状態のことです。多くはデザインおよび銘文がフロスト状仕上げになっている(フロステッドプルーフ)。プルーフと認められるコインが最初に製造されたのはイギリスとされており、銀貨はチャールズ2世統治下の1662年、金貨はジョージ2世統治下の1729年に発行されました。

本来は贈答用の為に作られたものでしたが、近年では収集家目当てに発行されるものが少なくない、基本的に2次大戦以降のプルーフ貨は一部(ドイツやイギリスのプルーフコイン)を除くと価値の低いものが多く(特に新興国のプルーフ)、コレクションや資産として持つならば2次大戦以前のコインがおすすめです!

また、同じプルーフでもフロステッドプルーフ、ブリリアントプルーフ、マットプルーフなど製造方法によって鏡状の部位や光沢が異なり、さらに銀貨はトーンが入ることで全く違う表情を見せます。

*ポリッシュ(Polishing)とは、ある固体の表面をより硬度の高い固体の角や表面を用いて、断続的にこする事によって表面部分を微妙に削られ、あるいは研き磨かれて平滑にしてゆく作業のこと。表面部分の仕上げのために行われることが多い。wikiより

オークションに出品されているプルーフコイン!!

さて、最後にオークションに出品されているプルーフコインを見ていきたいと思います。

プルーフ
英国ビクトリアのプルーフコイン

プルーフ
英国ジョージのプルーフコイン

プルーフ銀貨
ドイツ ワイマールのプルーフコイン

今後も希少なコインを取り扱っていくと同時に、良い記事を書いていきたいと思います(^^)