本日はNGC,PCGSのプルーフライク、プルーフ、プルーフディープカメオについて見て行きたいと思います。

 

イタリア 20リラ金貨 リレ コイン 1881 NGC プルーフ ウンベルトです。

KM#21で重量は6.45g、発行枚数は84.3万枚ですが、プルーフライクの発行枚数は不明となっています。カタログ価格はUnc(MS60)で700USDとなっていますが、カタログ上プルーフライクの記載が無くプルーフライクのカタログ価格は不明です。

続いてはプルーフのコインです。こちらは金貨では無く銀貨ですが比較してみて行きたいと思います。

 

ドイツ バーデン 5マルク銀貨 フリードリヒ 1907 プルーフ PF61

KM#279で重量は27.77gとなっています。プルーフの発行枚数は不明ですが、ミントステイトの発行枚数は60万枚となっております。
プルーフライクに比べるとプルーフの輝きが少し増したようにも感じますが銀貨と金貨の違いもありますし、大きな違いを感じることができませんね!

 

ドイツ ワイマール ラインラント 3マルク銀貨 1930 PCGS PR62CAM

ドイツワイマールの3マルク銀貨プルーフディープカメオです!!KM#70で重量は15g直径は30mmとなっております。プルーフの発行枚数は不明でディープカメオらしく非常に美しい銀貨となっております。
こちらはプルーフディープカメオとなっており流石にプルーフとは輝きが違いますね!プルーフの輝きはプルーフディープカメオ>プルーフカメオ>プルーフの順で大きくなって行き、プルーフカメオのコインが手元にあればPL、PR、PRCAM、PRDCAMとすべて比較できたのですが残念ですw

どれも基本的にはMS(ミントステイト)グレードに比べると価値が高いですがその中でもディープカメオが最も価値が高くその次にカメオ、その次にプルーフ、プルーフライクと続きます。