今回はコインの銘について書いていきたいと思います。

PAXとは

パクスとは平和を意味するラテン語であり、ローマ気の数多くのコインに銘文として登場しました。多くの場合、表面(Obv, obverse)に記され、平和の女神像が中央に描かれています。近年市場に出回ることが多くなったラムダカット金貨などでは羊がPAXの旗を掲げている図が描かれています!

PAX銘のレアコイン

続いてはPAXの銘が入ったレアコインについて見ていきたいと思います。今回は先ほども取り上げたニュルンベルクのラムダカットについて取り上げたいと思います。
ラムダカット金貨
発行は1806年のみとなっておりニュルンベルクを代表する都市景観、子羊が描かれており非常に人気の高いコインです。KM#416で表面には都市景観が裏面には復活祭の子羊が描かれています!カタログ価格はUNCで2500USDとなっておりますが、実勢価格は5500USD程度と未鑑定品にも係らずカタログ価格の遥か上を行く価格で取引されております。非常に美しいデザインですね!さすがコイン王国ドイツのコインです!

最後にオークションに出ているPAX銘のコインについて取り上げたいと思います。

PAX銘のオークションコイン

ダカット金貨
AU58 1806年 ドイツ ニュルンベルク 都市景観 ラムダカット金貨

ちょうど、記事で書かせて頂いたコインがオークションに出ていました!!今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。