こんにちはコインワールドの相川です。今回はメキシコのコインについて見ていきたいと思います。

メキシコのコイン史について

メキシコは1500年代初頭にかけてスペインよって征服されました。1572年頃から最初のコインが製造され、この頃のコインは8レアル銀貨であり、粗雑な作りの物でした。

office_aikawa2000-img600x591-1404448966tc0fzj30022

1772年からは上記が象のような胸象タイプのコインが発行されるようになり1822年まで発行が続きました。メキシコの独立宣言は1800年代前半に行われたものの、その後、100に及ぶ革命と大きな社会改革が起き、これらは貨幣発行に大きな影響を与えました。

メキシコのコインでは鷲とサボテンを描いたデザインが有名ですが、このデザインのコインはアウグスティン1世が即した1822年〜23年にかけて発行され、以後、メキシコの象徴的なデザインとなりました。

メキシコのアンティークコインはバラエティーが豊富で、革命の英雄たちが描かれていることからも人気が高いです。1980年代からはコレクター目当ての記念コインが発行されていますが、やはり価値や値上がり率としては1800年代、1900年代のアンティークコインの方に軍配が上がります。今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。