こんにちはコインワールドです。今回はフランス王ルイ15世のアンティークコインについて見て行きたいと思います。

フランス王ルイ15世とは

ルイ15世はルイ14世の曾孫であり僅か5歳にして即位しました。ルイ15世の肖像はエキュ銀貨やルイドール金貨など発行されたほとんどのコインに描かれました。彼の在位中の貨幣変化としてはエキュ銀貨は次第に流通面での主役の座を占めつつあり、彼の治世下での補助貨幣としての銀貨の額面は大きく変化しました。

フランス王ルイ15世のコイン

エキュ銀貨
フランス王ルイ15世のエキュ銀貨です。彼のエキュ銀貨は非常にバラエティーに富んでおり様々な肖像がコインに描かれています。初めのエキュ銀貨は1715年に発行され幼少期の肖像が描かれました。その後1718年に月桂冠タイプの肖像に変化し、その後もルイ15世の成長とともにエキュ銀貨のデザインが変更となりました。

カタログ価格としては特段に高い物があるというわけではありませんがそれでも未使用レベルのコインは10万円を超える値がつく物が殆どです。実勢価格も同様に未使用レベルの状態になると10万円を超えます。

ルイドール金貨

フランス王ルイ15世のルイドール金貨です。1716年より発行され、エキュ銀貨同様非常にバラエティーが豊富です。最高画面は2ルイドールですが幼少期のルイドール金貨は人気があり、画像のような王冠を冠った肖像が描かれているルイドールは特に人気があり、カタログ価格、実勢価格共に高額で状態のよい物ですと100万円を超える物もあります。今回の記事がアンティークコインコレクションの参考になりましたら幸いです。