こんにちはコインワールドの相川です。今回は香港のコインについてみていきたいと思います。

香港のコインについて

香港は中国広東省の南部の英国の租借地域で、東洋の重要な貿易港だったことで知られています。香港のコインは1863年に独自のものが発行されましたが、66年からはドルを貨幣単位とする大型の銀貨も発行されました、この大型銀貨を製造した機械が日本に輸入され、明治以降の近代コインを造ったとされています。

19世紀の香港のコインは公式では金貨の発行が無く銀貨、青銅貨の発行のみとなっています。その中でも大型の銀貨で人気の高いビクトリア1ドル銀貨について詳しく触れていきたいと思います。

1866-1868年 香港 ビクトリアの1ドル銀貨について

香港銀貨

香港ビクトリアの1ドル銀貨です。KM#10で1866年〜1868年にかけて発行されました。トータルでの発行枚数は約200万枚と言われていますが状態が良い現存数が少なく、カタログ価格も銀貨にしては高額となっています。

カタログ価格は未使用(UNC)で1650USD〜3000USDとなっており国内オークションでも見かけることがあります。国内相場としてはAU53の1867年のものが15万円程度で取引されており、カタログより若干高い程度の金額が相場のようです。
香港銀貨

国際相場は国内相場よりさらに若干高額で取引されることが多い印象を受け、例えば1866年のXF45程度の品でも1100USDほどで取引が行われています。

1866年、1867年、1868年にはプルーフ貨も発行されており、カタログ価格は6000USD〜13000USDとカナリ高額となっております。ただ、実勢価格はカタログ価格より高額で、例えば上記が像のような1866年香港プルーフダラーの場合は60000USD!!実にカタログ価格の10倍程度での取引となっており、諸経費等を加味しますと70000USD(750万円程度〜)ほどになると考えられます。なかなか手が出ない金額ですね!!

今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。