こんにちはコインワールドです。今回は平成11年に発行された天皇陛下御在位10年記念1万円金貨の市場価値や予想買取価格、おすすめ買取業者について見て行きたいと思います。関連記事につきましては「昭和天皇在位60年記念10万円 拾万円金貨」「平成2年 天皇陛下御即位記念10万円金貨」「平成5年皇太子殿下御成婚記念5万円金貨」をご覧ください。

天皇陛下御在位10年記念1万円金貨

平成11年天皇陛下御在位10年記念1万円金貨

天皇陛下御在位10年記念1万円です。天皇陛下御在位10周年を記念して作成されたコインで、重量は20gと額面の割には大型の金貨となっています。

Y#124で重量は20g、金の品位1.00(24K)、発行枚数は20万枚と少なくなっています。プルーフのみの発行となっており、カタログ価格は1250USD、国内の実勢価格は8.5万円〜9万円程度となっています。現在ではアンティークとしての価値はありませんが発行枚数も少ない事から2050年頃にはアンティーク(骨董)としての価値が出てくる可能性があります。

平成天皇陛下在位10年記念金貨の市場価格

平成11年に発行された天皇陛下御在位十年記念金貨の市場価格(実勢価格)は下記のようになっており、業者に査定してもらった場合の買い取り価格は7.5万円〜8.5万円程度だと思われます(下記は2017年の取引データーです)。

販売業者の所在 市場価格 予想買取価格
東京都 89800円+消費税 75000~85000円
千葉県 90800円+消費税 76000~85000円
埼玉県 91000円+消費税 76000~85000円

在位10年記念貨幣2点セットの市場価格

天皇陛下御在位十年記念硬貨天皇陛下御在位十年記念貨幣セット

御在位十年記念金貨は上記のように金貨単体以外に500円白銅貨と2点セットでも販売されています。オリジナルケースは皇太子殿下御成婚記念硬貨3点セットと同様に画像の一点のみで「平成2年の10万円金貨」や「昭和天皇在位60年記念10万円金貨」のようにバリエーションはありません。

平成11年500年白銅貨

天皇陛下御在位10年記念500円硬貨

2点セットで付属する500円白銅貨はY#123、重量7.2g、直径26.5mmとなっており、通常貨(ミントステイト)の発行枚数は1490万枚、プルーフの発行枚数は10万枚となっています。市場価格としては通常貨が一枚500円〜600円程度、プルーフが1000円〜1500円程度ですがPCGSやNGCによる鑑定済み品で最高グレードのPR70DCAMなどのコインの場合、2万円前後の市場価格が付くこともあります。

通常は非常に綺麗なものを鑑定に出したとしてもPR70の鑑定はつかないでしょう!また、鑑定料や海外への往復の送料がかかるので売却することを考えている場合は米国鑑定機関のNGCやPCGSによる鑑定はオススメしません(おそらく鑑定へ出しても売却値はほとんど上がらずトータルで考えると損するだけです)。

プルーフ貨幣2点セットの価格

販売業者の所在 市場価格 予想買取価格
神奈川県 91800円+消費税 80000~87000円
奈良県 91800円+消費税 80000~87000円

500円硬貨は先ほど掲載した通りプルーフでも市場価格1000円〜1500円程度なのでセットになったとしても市場価格は1000円上昇する程度です。そのため、2点セットの買取価格は8~8.7万円前後でしょう!今回の記事が金貨や古銭の買取・査定の参考になりましたら幸いです。