今回はハンガリー、オーストリアのレアなダカット金貨を中心にアンティークコインについて見て行きたいと思います。昨今はオークションでもカナリレアなアンティークコインが出回っていますのでコレクションが充実しやすいですね!

しかし、希少なコインであればある程、なかなか出会う事は出来ません、良いコインとの出会いは大切にしたい物です。今回も海外情報を絡めて良い情報をお届けしたいと思います(^^)

ハンガリー フランツ・ヨーゼフ ダカット金貨

ハンガリーのダカット金貨になります。KM#488でワールドコインズカタログにはリストラライクのプルーフの記載は無いため詳細は判りません。ミントステイトの発行枚数は68年で12.7万枚、69年で10.6万枚なのでミントステイトの発行枚数はあるていどの数があります。

フランツ・ヨーゼフ1世とは

フランツヨーゼフはドイツ皇帝フランツⅡ世の孫で、フランツカール大公の子供です。1768年よりハンガリー国王となりました。彼の治世は実に69年に及びましたが、その間にオーストリアの経済と文化は多いに発展しました。そして国民もこの皇帝に親しんだが家庭的には極めて不幸で、弟のメキシコ皇帝マキシミリアンは殺害され、皇太子ルドルフは自殺、更に皇后エリザベートは暗殺されました。

フランツヨーゼフのコインは長期にわたる治世から数多くの種類があります。初期のターラー(ターレル)銀貨は、1875年にドイツ貨幣同盟に加わった事により発行をするようになり、ドイツ諸国と同じ標準量目での2ターラー銀貨も3種発行されました。

やがて、グルデン(グルテン)を貨幣単位とする銀貨も発行され、イタリアの領土ではスクド銀貨なども発行されました。彼の肖像はオーストリアの金貨、銀貨を問わず多く存在します。治世の後期には頭髪も殆ど無くなったがこの頃の肖像を描いた金貨にはリストライク(再製貨)が多く見られます。

海外相場


海外でのプルーフの取引実績は殆どありません。ミントステイトのカタログ価格はUNCで700USD程度となっており、実際の取引相場も同一程度になります。プルーフは私が調べた限りでは過去に1度だけ取引されており1000USD程度になります。国内で実際に手に入れようと考えた場合はもう少し高額になると思いますし、インド、ビクトリアのリストライク、アンティークコインなどを見ている限りではリストライクでも人気の高い物は価格が高騰しますので買い時に注意が必要です!

今回の記事が皆様のアンティークコイン、コレクションの参考になりましたら幸いです。