ダカット金貨
こんにちはコインワールドの相川です。今回はダカット金貨について書いていきたいと思います。早速見ていきましょう!

ダカット金貨とは

ダカット金貨は1284年に始めてイタリアのヴェネチアで発行された品位の高い金貨で、当時の金貨としては素晴らしい良質のコインでした。その金純分は3.44gを有し、ヨーロッパにおける貿易の基礎として広く流通されました。

やがて16世紀に入ると、ヨーロッパの金貨の共通した貨幣単位はゴールトグルデンとなり1559年から公式のものとなりました。ダカットの語源はラテン語のducatus(公爵)とされています。

オークションに出品されているダカット金貨について

ラムダカット金貨
神聖ローマ帝国 1700年 ラムダカット 金貨 クリッぺ NGC MS62

ラムダカット金貨
1703年 ドイツ ニュルンベルク (神聖ローマ帝国) 3ダカット金貨

ラムダカット金貨ですね!最近国内でも見かけるようになりました。ニュルンベルグを代表する金貨シリーズの一つです!

都市景観ダカット
ドイツ・ダカット金貨 マインツ都市景観 1795年 極美品+

こちらも近年、国内でも見かけるようになった都市景観ダカット金貨です。

今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。