ビクトリア銀貨

こんにちはコインワールドの相川です。今回はブリタニアとクラウンについて書いていきたいと思います。早速見ていきましょう!

ブリタニアとは

ブリタニアは現在のイギリスの古称であり、カエサルがガリア遠征の際に偵察隊を送るまで、ローマ人はそのはっきりとした存在を知らなかったとされています。この銘(britania)をコインに記すようになったのはクラウディウスの頃からであり、BRITと言う表記が見られました。その後、英国を意味する銘文は英国の勢力拡大とともに多くの皇帝のコインに記されるのでした。

クラウンとは

クラウンはフランス語が語源とされ、当初は金貨として発行されていました。その代名詞となった大型銀貨28.276gは、英国においてエドワード6世の在位していた1551年に初めてアラビア文字で年号表示して発行されました。

英国はヨーロッパ、世界を代表とする人気の高いコインとなっております。今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。