こんにちはコインワールドの相川です。今回はオーストラリアのコインについて書いていきたいと思います。

オーストラリアのコイン史

オーストラリア大陸は1770年にキャプテン クックによって発見されて以来、英国の領土となり、1788年には移民政策が行われました。

1856年にはシドニーでの造幣が開始され、それ以降イギリス国王の肖像が全てのコインに描かれました。特に1857年〜1870年にかけて製造されたビクトリアのソブリン金貨は英国のソブリン金貨では見られない肖像のデザインとなっており、人気があります。

その後、オーストラリアの貨幣制度は1960年代まで英国と同様ポンド スターリング制であり、20シリングが1ポンド、12ペンスが1シリング、2シリングがフローリン、5シリングがクラウンとされていました。

続いては、英国と特徴的な肖像デザインのソブリン金貨について見ていきたいと思います。

1857年〜1870年にかけて発行されたソブリン金貨

1

オーストラリアの1857年ソブリン金貨です。こちらの肖像デザインは英国では発行されませんでした。KM#4で重量は7.98g、ミントマークはsy(シドニー)となっています。

なかなかハイグレードのものは出回らずカタログ価格は高いものでUNCで30,000USD(1858年)となっております。1857年にはプルーフも発行されていたらしく私自身、現物をみた事はありませんが、カタログ価格100,000USD(約1100万円)となっており、実際に市場に出回ることがあれば2000万円程度の値段がついてもおかしくないと思います。

カタログ価格は最も安い1870年のソブリン金貨でもUNC(MS60程度)で1800USDとなっています。グレードの低い場合はもう少しやすく取引される傾向がありますがMSグレードですとカタログ価格と実勢価格の乖離はあまり内容に感じます。例えば2013年に海外のオークションではMS63のグレードのコインが2200USD(諸経費込みで2700USD程度)で取引されています。

今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。