本日はフランクフルトの都市景観コインについて書いて行きたいと思います。

Wappen-frankfurtwikiより

フランクフルトのコインと言えば上記の鷹(?)が描かれていることで有名ですね!今回紹介する都市景観銀貨にも描かれいます。フランクフルトの都市景観銀貨は国内でもニュルンベルクの都市景観に次いでよく見かける印象を受けます。それでは見て行きましょう!

916345

1772年 フランクフルト 都市景観 銀貨です。

発行枚数などは不明ですが都市景観銀貨としては良く見かける事ができます。カタログ価格はUncレベルは表記が無くXF(極美品)で550USDとなっています。表側はフランクフルトの都市景観、裏側はフランクフルトの紋章が描かれており、コレクターが多いコインの一つです。

実勢価格としては状態(グレード)や鑑定の有無によって多少上下しますが500USDから1860USD程度で取引されます。日本人が海外で購入した場合、手数料や輸入消費税(関税はかかりません)、送料などがかかりますので650USD〜2420USDで手に入れる事ができると思います。都市景観コインは人気がありますので今後、価格が上がって行く可能性は高いと思います!

なお、当店でも状態が良い物を扱っていますのでご興味がありましたらご覧頂けたら幸いです。

433310

1796年 フランクフルト 都市景観 ダカット金貨です。

重量は3.5gで非常に小さな金貨です。カタログ価格はUncで750USDですが約1年前にAU58で900USDで取引されました。近年価格が高騰している金貨の一つです。国際価格としては900USD〜1600USD程度で取引される事が多い印象を受けます。ただ、マーケットに出回る数が少ないので手に入れるのはなかなか困難だと思います。

都市景観ダカット金貨は1796年以外に1711年にも2ダカット金貨が発行されているのですがこちらは前回のアウクスブルクの10ダカット金貨と同様、詳細なデーターがありませんでした。このレベルのコインになりますとなかなか見ることができませんね!

私もおそらく人生で実際に手に取って見た事は無いと思います(涙)

7