本日はワイマール共和国の1930年〜1932年を書いて行きたいと思います。

872683

1930年 ワイマール 3マルク 銀貨です。

ツェッペリンの飛行船が描かれています。ツェッペリン伯爵は数々の飛行船を開発した事で有名ですがこのコインに描かれている飛行船はグラーフツェッペリン号(LZ127)です。

LZ127は1928年に初飛行し、1929年地球1週という冒険に旅立ちました。東京にも来航したらしく日本でも非常に有名な飛行船の一つです。

800px-ZeppelinLZ127a

国際的な取引価格としては3マルク銀貨と5マルク銀貨があり3マルクは200~400USD程度、5マルクは600~800USD程度で取引されています。

928609

プルーフもあり5マルクのプルーフ貨は2000〜3000USDとワイマール銀貨の中では比較的高額な金額で取引されています。ただ、発行された年代も比較的新しいので日本でも多く出回っておりプルーフで無ければ手に入れるの比較的容易な印象を受けます。

872688

1930年 ワイマール 3マルク 銀貨です。

フォーゲルヴァイデの700周年記念銀貨です。画像の品はプルーフで450USD程度で取引された物になります。

プルーフでない品についてはNGC,PCGSの鑑定済みの場合も100~200USDと比較的手頃な価格で手に入ります。先に上げたツェッペリン飛行船に比べると国内、海外ともに人気があまり無く価格の上昇などは期待しにくいかもしれません。

546105

1930年 ワイマール 3マルク銀貨です。

ラインラントの占領終了を記念して作られた銀貨です。画像の物はプルーフで約1000USD程度で取引されました。1930年のワイマール銀貨ですとツェッペリンに次いで人気があります。

ミントステイトの取引価格としては3マルクは200USD程度、200〜400USD程度となっています。

プルーフになると価格がいっきに上昇し3マルク,5マルクともに700〜1000USD程度での取引になる事が多いです。

928597

1931年 ワイマール 3マルク 銀貨です。

マルデブルク再建300周年記念銀貨です。こちらの銀貨はワイマール3マルク銀貨の中で私が最も好きなコインです(ちなみに5マルクですと1927年ブレーマーハーフェンが最も好きです)。私も3マルク銀貨のプルーフを1点コレクションとして保有しており国内、海外でも近年人気があるコインの一つです。

画像の品はプルーフで1700USD程度で取引された物になります。

800px-Sack_of_Magdeburg_1631

マルデブルクの戦いは30年戦争において神聖ローマ帝国(カトリック派)によって行われたハンザ同盟都市マルデブルク(プロテスタント派)の包囲戦および戦闘終了後の略奪の事を指します。都市陥落後の復興、再建を記念して作られた銀貨で歴史的にも非常に意味のあるコインです。

国際的な取引価格としてはミントステイトで200〜400USD、プルーフですと500〜2000USD程度で取引される事が多い印象を受けます。都市景観が描かれていることもあり17世紀、18世紀都市景観コインのコレクターも集めている事が多く私もその一人です(^^)

872693

1931年 ワイマール 3マルク 銀貨です。

シュタインの死後100周年を記念して作られた銀貨です。シュタインは自由主義化威嚇を行ったプロイセン王国の政治家です。プロイセンの首相として1807年〜1808年まで在位していました。

国際的な取引価格としてはミントステイトで100〜200USD、プルーフだと300〜450USD程度で取引されています。

928611

1932年 ワイマール 5 マルク 銀貨です。

1931年のシュタイン同様、ゲーテの死後100年を記念して作られた銀貨となります。

ゲーテは日本でも非常に有名ですので知らない人はまずいないと思います。非常に多才な方で小説、政治、法律、自然科学などあらゆる分野で活躍した事で知られています。

国際的な取引価格としては3マルクと5マルクがあり、3マルクは200〜300USDですが5マルクになるといっきに価格が跳ね上がりミントステイトでも2000〜3500USD程度で取引されています。

画像のコインは5マルクのプルーフで5250USDで取引されたコインです。5マルクのプルーフは希少で4500〜5500USD(40〜50万円程度)とワイマール銀貨の中で1,2を争う非常に高額な金額で取引されています。

486px-Goethe_(Stieler_1828)

以上でワイマール銀貨の紹介は終了となります。ワイマール銀貨は総額でも150〜300万円程度(プルーフを入れるか入れないかでコレクション価格が異なります)でコレクションできますので、近代のコインに興味のある方やこれからコインのコレクションを始めようと考えている方には非常にお勧めできるシリーズです!!!!