本日はブラジルの2万レイス大型金貨について書いて行きたいと思います。

ブラジル20000レイス金貨

2万レイスは超大型の金貨として非常に有名で今回取り上げる金貨も国内、海外で非常に人気があります。今日ではブラジルはラテンアメリカ最大の領土、人口を誇り、世界で6番目に大きい経済規模となって来ており、コインとしてもインド等と同様、植民地時代の物が歴史的価値や西洋の影響を受けた美しいモダンなデザインから人気が高まり近年高騰しております。

それでは具体的に金貨について見て行きたいと思います。

1043229

1726年 20000レイス 超大型金貨です。

この20000レイス金貨は1724年、1725年、1726年、1727年に発行されています。

KM#117で重量はなんと53.78gという超重量級の金貨となっております。有名な金貨ですとドイツを中心に発行され非常にコレクターが多いダカット金貨(1ダカット=3.44g)で換算いたしますと15ダカット金貨に相当する重量です!!

10ダカットを超える金貨同様、実勢価格も非常に高騰しており、また、金相場の影響を大きく受けるコインの一つとなっております。ミントマークはMでこれは、かつてブラジルきっての金鉱山があるミナスジェライス州の頭文字に由来します。

2wikiより

コインについては表面には旧ポルトガルの紋章が描かれており額面を表す20000reisの文字が刻まれています。

3

Coat_of_arms_of_Portugal.svgwikiより

また、裏側にはミントマークとともに十字架が描かれ、こちらはミナス・ジェライス州の紋章に一部、由来するとも言われています。

4

403px-Brasão_de_Minas_Gerais.svgwikiより

金貨の詳細

カタログ価格は1724年の物がXF(極美品)で7000USD、1725年がXFで3500USD、1726年がXFで3500USD、1727年がXFで4000USDとなっており未使用(UNC)でのカタログ価格が存在するのは1725年と1726年のみとなっています。

実勢価格としては例えば1726年の物ですとMS62のグレードの物で12000USD(日本円で120万円)ほどで取引されております。また、1724年の最も希少なコインですとAU58で32500USDと驚異的な価格で取引されておりその希少性、人気が伺えます。

国内でも過去に何度か取引されており、1726年のAU58で180万円ほどで取引される事もありました。送料や輸入消費税、手数料等を加味すると少し高いかもしれませんがある程度妥当な水準の価格かもしれませんね!!

ブラジルの金貨、銀貨は英国の影響を強く受けたインドのコイン同様、近年非常に注目されているコインの一つです。デザインも独特な物が多く、大型の金貨もしくは銀貨を中心にコレクションすると見応えのあるシリーズが出来上がると思われます。投資用でお考えの場合、大型金貨はより強く金相場と連動する性質が高いため相場をチェックしながらの購入をオススメいたします。