こんにちは”れあモン屋”の相川です。本日はフランス ナポレオンの見本貨幣について書いていきたいと思います!

フランス ナポレオンの見本貨幣について

ナポレオン10フラン金貨

ナポレオンの見本貨幣(SP)10フラン金貨です。見本貨幣はEssayとも呼ばれフランス語の場合はEssaiと書かれます。ちなみにPCGSの鑑定品などで出てくるSPはSPECIMENの略となります。

見本貨幣とは流通しているコインのシリーズが近い将来、デザインの変更で改正が行われる際、新しいシリーズの為に試験的に製造したコインを称します。

有名なものとしてはアメリカの1836年のゴブレクトが製造したパターンダラーが広く知られ、また各国の造幣局に依頼した例としては中国のジャンクのダラーがあります。

英国の見本貨幣(試作貨幣)も有名であり、その希少性、美しさから高く評価されています。特にビクトリアやナポレオンなど人気のあるコインの試作貨幣は高額で取引されることも少なくありません。実際に発行される予定の金属ではなく、刻印しやすい銅などで製造されることが多いです。

見本貨幣(パターンコイン、エッセイ)の国際相場と国内相場

見本貨幣の国際相場と国内相場についてです。一点ものまたは極端に発行枚数が少ない物がほとんどですので正確な相場を算定するのは非常に難しいコインになります。例えば今回取り上げたフランス ナポレオンの10フラン 見本金貨については国際相場でも取引実績があります。国際相場では数年前に取引されたことがあり当時5500USDで取引されました!グレードはPCGS鑑定済みのSP64となっており非常にグレードの高い物です。現在の相場ですともしかしたら100万円を超えるかもしれませんし、かなりの高額になる可能性があります。

国内のナポレオン見本貨について

現在国内のオークションでも何点か希少なナポレオン見本貨幣が出回っています!!

見本金貨
フランス ナポレオン三世 エセー金貨 1855年 Sp64 !!!

ナポレオン見本金貨
フランス 有冠ナポレオン エセー金貨 1868年

2つも出回っているとは驚きです!今後ともレアな金貨、銀貨、コインについての記事を書いていきたいと思います(^^)