本日は先ほど日本へ到着したパープルトーンのプルーフルピー銀貨について書いて行きたいと思います。

ルピー銀貨につきましては過去にもこちらで取り上げました!

前回取り上げた物はPF(プルーフ)で今回の物はPL(プルーフライク)となりますが、どちらも滅多に市場に出回らず、非常に美しいコインとなっています。

なお、国内ネットオークションでも出回る事があり、実際に先ほど調べた所、1892年ルピー銀貨NGCPL62というタイトルで商品がありました!!PL62ですので今回取り上げるPL64に比べるとレベルが数段階落ちますが、なかなかのコインだと思います。

それでは画像を中心に取り上げて行きたいと思います。

1

1882年 プルーフ ビクトリア ルピー銀貨です。

パープルのトーンが入っており、光を当てると虹色に輝きを放つ非常に魅力的で美しい銀貨になります。

2 1

PL64というグレードからも判るように表面の状態も非常に良く美しいです。前回のプルーフ(右)とはまた違った魅力を醸し出しています。

4 5

今回取り上げたビクトリア プルーフライク ルピー銀貨はKM#492のコインです。

発行枚数は不明で1882Cのプルーフライクは現時点ではカタログの記載がありませんのでカタログ価格は不明です。

ビクトリアのコインは19世紀に数多く発行されましたがその中でもルピー銀貨は西洋と東洋がおり混ざったようなデザインをしており非常に見応えがあると思います。