本日はドイツのニュルンベルク都市景観6ダカット金貨について書いて行きたいと思います。

ニュルンベルクは18世紀、17世紀多数の都市景観銀貨、金貨を発行した事で非常に有名でコインコレクターの方で知らない人はいないのではないでしょうか!?

1

人口50万人を超えるバイエルン州第2の都市でフランケン地方の経済的、文化的中心をなしています。それではダカット金貨について見て行きたいと思います。

1698年に発行された6ダカット金貨です。

KM#234で重量は21gと大型の物になります。なお、1ダカットは約3.5gで3.5×6=21gとなります。ダカット金貨で大きな物は殆ど市場に出る事が無く取引も殆どありません(闇取り引きではありませんが、表の情報として出ない所で取引される事が多いです)。そのためカタログ価格が存在しない事が多く価格の目安が非常に難しいです。

こちらの1698年に発行されたダカット金貨は大型でありながら過去に表舞台で取引された事があり、カタログ価格がXF(極美品)まで存在する大型ダカット金貨としては珍しコインになります。

表面には非常に美しい都市景観とヘブライ語で都市景観の上部にエホバと書かれています。


また、裏面には盾と武器を持った2人の精霊が描かれており神秘的な印象を受けます。

カタログ価格はVFで7200USD、XFで11500USDとなっており、実勢価格としてはVF〜XF程度で7000USD程度で取引された事が過去にあります。だた、取引されたのは3年前ですし現在での実勢価格は不明です。

ダカット金貨は鑑定品が出回る事は非常に少なく、未鑑定の品でもかなりの高値がつきます。そのため偽物も多く出回っていますので信頼のおけるディーラーからの入手もしくは鑑定品での購入をお勧めいたします!!