こんにちは今回はヴィットーリオ エマヌエーレ3世(ヴィットリヨ エマヌエレ3世)の100リレ金貨について記事を書いていきたいと思います。今回取り上げる金貨は1903年〜1925年まで発行されたリレ(リラ)金貨4種類になります。早速みて行きたいと思います。

ヴィットーリオ エマヌエーレ3世とは

ヴィットーリオ エマヌエーレ3世は1900年に父王1世暗殺の後を受け、イタリアの王となり、第一次世界大戦ではドイツなどに宣戦しました。ムッソリーニのローマ進撃に際してこれと妥協、彼を首相に任命しました。その後、46年に退位するまで約46年もの永きに渡り在位しました。彼の肖像を描いたコインは、イタリア本国で他のイタリア王に例がないほど多くあるだけではなく、アルバニア、ソマリア等においても見ることができます。また、王自身もコインの収集家であり、研究者でもあったことから彼の著書はイタリアコイン研究の最大の文献とされています。

1903年 ヴィットーリオ エマヌエーレ3世の100リレ金貨について


1903年 ヴィットーリオ エマヌエーレ3世 100リレ金貨です。こちらの金貨は1905年にも発行されています。KM#39で重量は32.24gもある大型の金貨になります。

1903年の発行枚数は僅か966枚、1905年の発行枚数も僅か1012枚となっており非常に希少な金貨です。そのためカタログ価格はXFで18000USD、UNC(未使用)で32000USDと28000USDとなっており日本円に換算すると300万円程度〜と非常に高額になります。

国内での取引はほとんど見られませんが海外では取引されており1903年-RのコインでNGC鑑定済みMS60で14000USDとカタログ価格に比べると少し安い水準で取引されています。未鑑定品でも17000USDなどで取引されているため14000USDは少しイレギュラーな数字かも知れませんが実勢相場はカタログ価格より高くないでしょう!国内オークションなどで出回ることがあったとしてもカタログ価格より若干安い水準が想定できる妥当な相場だと思います(^^)

1912年 ヴィットーリオ エマヌエーレ3世の100リレ金貨について

続いてはKM#50の100リレ金貨になります。

こちらの金貨は1910年、1912年、1926年、1927年に発行されました。発行枚数は最も多い年である1912年で4946枚ですので非常に少ない発行枚数になっています。1910年の物については発行枚数は2013枚ありますが市場で見たことは無く非常にレアな金貨です。国際的な取引も私が調べた限りでは見つからず価格は検討もつきません。こちらのカタログ価格は1912年が15000USD、1926年が42000USD、1927年が48000USDとなっております。

1912年は業者間も含めた国際的な取引も活発にあります。国際相場としては1912年のPCGS鑑定済みMS63のコインは6000USD(70万円弱)で取引されました。こちらもカタログ価格に比べると安く、国内で手に入れる場合もカタログ価格以内が目安になると思います。

1923年 ヴィットーリオ エマヌエーレ3世の100リレ金貨について

続いてはKM#65の100リレ金貨になります。


こちらの金貨は単年度のみの発行となっております。発行枚数は20000枚となっており他のヴィットーリオ エマヌエーレ3世の金貨に比べると発行枚数が多くなっております。カタログ価格はUNCで7500USDとなっており、国際相場としてはMS62で5000USD程度となっていることからカタログ価格より若干安い程度となっています。

国内での予想価格としては送料や各種税金、各種手数料などを加味いたしますとカタログ価格より若干高い程度でしょうか!?エマヌエーレ3世の金貨はコレクターも多いので今後が楽しみな金貨の一つです。

続いては今回の記事で最後に取り上げる100リレ金貨になります。

1925年 ヴィットーリオ エマヌエーレ3世の100リレ金貨について

1925年、KM#66の100リレ金貨です。

発行枚数は5000枚となっておりこちらも発行枚数の少ない金貨になります。カタログ価格はUNCで11000USDとなっており先に取り上げた1923年に比べるとカタログ価格は高額になっております。

国際相場としてはAU55で4000USD、MS64で8500USD程度ですのでこちらもカタログ価格に比べると割安になっています。ドイツのコイン等はカタログ価格より割高で取引されることが多いですが国際相場としては落ち着いているように感じます。

さて、最後に現在開催中のオークションについて見ていきたいと思います。

オークションのイタリアの100リレ金貨


1円~ 加治氏推薦 イタリア 100リラ 金貨 1912 MS62 PCGS


1925年 イタリア ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 100リレ金貨

発行枚数が少ない割には国内でも出回っていましたね(笑)当店でも良いコインを取り扱っていきたいと思いますし、当ブログでもコインの情報を発信していきたいと思いますので今後ともよろしくお御願いします(^^)