1826-11826-2

1826年ジョージ4世の5ポンド金貨です。

重量は39.9g、発行枚数は150枚、実は国内でも海外でも人気があるウナとライオンよりも発行枚数は少ないです。

過去の落札価格は40000CHF、28000EURなどとかなり高額です。日本円にすると350万円程度でしょうか?+手数料と考えると400万円前後になると思います。大変美しく魅力的なコインですが、この金額になるとさすがに庶民には手が出ませんね、車が買えますw

1839-11839-2

コイン収集をしている方なら誰でも知っているであろうと言うくらい有名なコインです。

1839年ビクトリア(ヤングへド)の5ポンド金貨です。通称ウナとライオンです。

重量は39.9g、発行枚数は400枚です。実はこのコイン、銀貨も存在しそちらについては8枚程度しか存在しないと言われています。私も金貨については人生で一度だけ実物を見た事があるのですが銀貨についてはまだ見た事がありません。長いようで短い人生、一度だけでもお目にかかりたい一品です。

さて、過去の落札価格は90000CHF、75000EURともの凄い高額です。日本円に換算すると約900万円程度でしょうか?カタログ価格完全無視の価格が付く事が殆どです。2005年前後からすると市場価格は約2倍程度にはなっています。これからも上がり続けるんでしょうか?ビクトリア恐るべしです。

1887-11887-2

さて、こちらもビクトリア、この絵柄はクラウン銀貨で代表的な絵柄として有名だと思います。

こちらの金貨はプルーフとミントステイトがありプルーフの発行枚数は800枚程度、ミントステイトの発行枚数は54000枚と言われています。重量は39.9gです。

過去の落札価格はプルーフでは14000USD、ミントステイトでは4000USD程度です。日本円に換算すると130万円程度と36万円程度となります。プルーフはカタログ価格に比べると高くなりやすいですがミントステイトはほぼカタログ価格で落ち着く事が多いです。上記2つのコインに比べると価格は落ちますがビクトリア物は人気が高いので近年、価格は上昇傾向にあります。

1893-11893-2

1893年ビクトリア5ポンド金貨です。19世紀の5ポンド金貨として最後の物となります。

重量は39.9g、発行枚数はプルーフで800枚程度、ミントステイトで20000枚となっております。

過去の落札価格は状態の良い物では6000EUR程度、日本円に換算すると70万円前後でしょうか?このコインは発行枚数をみても判るように1887年の物と比べて数も少なく見つけにくくなっています。

以上が19世紀には行された5ポンド金貨となります。4種類中3種類がビクトリアの物でまさに19世紀イギリスはビクトリアの世紀と言って過言ではないかもしれません!!(大袈裟かなw)